簡単!飲むだけでダイエット効果がある飲み物を紹介!

 

a0001_017568

 

ダイエットの為にはつらい運動や食事制限が必要ですよね。

しかし、食事を抜いたり、食事の内容が偏ったりすると身体にとって大事な栄養バランスが崩れてしまいます。

また、毎日筋トレをしたりランニングをするなどのつらいダイエットは長続きしないことも多いですよね。

飲むだけでダイエットできる?

飲むだけでダイエットできる?

一見嘘のようですが、現在は多くのダイエットにいい飲み物が販売されています。

今ではインターネット通販などで簡単に手に入りますので、興味があればすぐに購入する事ができます。

そこで、

飲むだけでダイエット効果のある飲みものを紹介!

 

水素水はダイエットの救世主!?

a0150_000105

現在話題になっているのが「水素」です。

多くの研究が進んでいて、医療現場でも「水素点滴」や「水素吸引」などが取りいれられています。

 

水素にはどんな効果があるの?

「水素」は世界で1番小さくて軽い分子と言われています。

この小さな分子が身体の中の「悪玉活性酸素」を無害化することが分かっています。

「悪玉活性酸素」は老化や病気の原因になっているといわれ、体内の細胞を「酸化(さび)」させてしまいます。

これにより、細胞の正常な動きを阻害するので生活習慣病や老化などを引き起こす原因となります。

ダイエットに水素水?

では、なぜ水素水を飲むとダイエットに効果があるのでしょう。

それは、肥満の原因の1つが悪玉活性酸素だからです。

 

悪玉活性酸素が肥満の原因?

細胞の中にある「ミトコンドリア」は血液が運んできた糖を分解する働きをしています。

分解された糖はエネルギーとなります。

しかし、悪玉活性酸素は「ミトコンドリア」の生産力を落としてしまいます。

生産力が落ちたミトコンドリアは糖を十分に分解することができなくなります。結果、余った糖分は体脂肪と変わってしまいます。

これが原因となり肥満になってしまいます。

 

水素水で悪玉活性酸素を無害化!

水素は悪玉活性酸素と合体して、水にすることで悪玉活性酸素を無害化します。

だから、生産力が落ちたミトコンドリアは悪玉活性酸素が無害化することで生産力を回復。

肥満の原因となる糖の消費を促してくれます。

 

【2015年最新】水素水の人気ランキング! 

 

水にはどんな効果がある?

水を飲むとダイエットに効果的なのは、なんとなく知っています。

ですが、実際にどのような事に効果があるのか、どのような飲み方をしたらより効果的なのかを調べてみました。

 

水の効果は?

水に溶けているミネラルを摂取することで、新陳代謝を促進することができます。

血液がサラサラになったり、老廃物を排出する働きがあります。

腸が綺麗になるので、便秘や下痢などの症状が改善されます。

水を効果的に飲むには?

 

常温で

体が冷えたら逆効果。できるだけ、常温~ぬるま湯の摂取を心掛けましょう。

少しずつ

1日を通して1.5~2リットルを目安に少しずつ飲みましょう。

人が一度にミネラルを吸収できるのは180ccなので、これ以上飲んでも意味がありません。

 

過剰に摂取すると、むくみなどの原因となります。むやみに摂取すれば良いことはありません。

ココアは空腹時のストレス解消!?

ココアは甘いから、ダイエットの敵!!

と、思われている方も多いかと思います。

 

ココアはダイエットの強い味方!

高タンパク、食物繊維・ポリフェノール・ミネラルなどの栄養素が豊富なんです。

糖質が含まれないピュアココアなどで砂糖の量を調節すれば、ダイエットの強い味方になってくれます。

ココアの魅力

カカオポリフェノールは、体内の活性酵素とくっついて老化を抑制するはたらきがあるので、アンチエイジングに効果的!

体内への脂肪の蓄積を抑制する効果があります。
また、血流を促進し身体を温める効果が高く持続時間もながいので冷え性改善にも効果的!

ココアには食物繊維がたくさん含まれているので、便秘解消に最適!

そして、ココアの苦味成分テオプロミン&ココアの甘い匂いがストレス解消に効果があります。

 

ココアの効果的な飲むには?

朝食前や空腹時に

便秘解消こうか、適度な満腹感が得られます。

間食の代わりに

適度な食欲が抑えられ空腹感のコントロールができます。

夕食後に

夕食後にココアを飲むと食事で摂取した余分な脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

 

即効性は低いです。また、牛乳で作ったり糖分をプラスするとカロリーオーバーになりやすいので、注意しましょう。

 

ブラックコーヒーは脂肪を燃焼しやすくする?

ダイエットにブラックコーヒーが良いということをよく耳にします。

実際、ブラックコーヒーを飲むことでどのような効果があるのかを調べてみました。

 

カフェイン

ブラックコーヒーに含まれるカフェインは代謝を上げて消費エネルギーを高くし、脂肪を分解する効果があります。

脂肪を燃焼されやすくなって落としやすくなるんですね。

また、カフェインには血液の循環を良くする効果があるので、むくみ・冷え性・肩凝りの解消に効果的です。

 

ポリフェノール

ブラックコーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。

クロロゲン酸は、がん・動脈硬化・老化などを予防する抗酸化作用や、肝臓で脂肪を燃やしやすくする効果もあるようです。

 

ブラックコーヒーを効果的に飲むには?

運動前に飲む

運動の約30分前に飲んで、体内の脂肪が燃焼されやすい有酸素運動を行うとより効果的。

1日に3杯程度が適量

適量を飲んでいれば、ガン・糖尿病などの疾病率は下がるとのデータもあります。

できればブラックで

砂糖を入れると、カロリーが上がります。

また、カフェインの働きも妨害されてしまいます。

 

カフェイン摂取量の上限は1日に300~350ml。濃さにもよりますが、コーヒー1杯で約150mlのカフェインが含まれています。また、過剰摂取するとカフェインが睡眠に悪影響を及ぼすことも・・・飲みすぎには注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク